TOP > News記事一覧 > メタセコイヤやエンジュが生い茂る「エヴァム エヴァ ヤマナシ」の自然豊かな空間で「色・味・形」を楽しむ
Share This Articles

Latest Story

Latest Story

メタセコイヤやエンジュが生い茂る「エヴァム エヴァ ヤマナシ」の自然豊かな空間で「色・味・形」を楽しむ

2022.07.06 / 岩見光
Share This Articles

桜の名所として知られる山梨県の山の神千本桜からほど近い場所に「エヴァム エヴァ ヤマナシ(evam eva yamanashi)」はあります。「エヴァム エヴァ」は1945年に創業した近藤ニットが展開するブランドで、山梨の自然豊かな町で企画から製造、出荷までの全ての工程を自社で一貫して行っています。肌触りの良い上質な天然素材を使用し、ベースのアースカラーが特徴的です。「エヴァム エヴァ ヤマナシ」は、近藤ニットの3代目でデザイナーの近藤尚子さんがご自身も暮らす地元を大切にする思いから、2017年3月にオープンしました。

「エヴァム エヴァ ヤマナシ」の長屋門

日々の喧騒から離れて自然と静寂を感じられる場所

「エヴァム エヴァ ヤマナシ」は、山梨県の甲府盆地の山間にある旧とよとみ村の約1000坪の古屋敷跡に、衣・食・住をテーマにライフスタイルを提案しています。甲府盆地は北に八ヶ岳、北東部から東に秩父連山、西には南アルプスの赤石山脈に囲まれており、南には富士山がそびえているという自然豊かな盆地です。

美しい竹林が広がる庭

鳥の音を聞きながら、鬱蒼とした屋敷跡の立派な長屋門をくぐると、屋敷跡地を新たに建築した「色」、「味」、「形」の3つの棟と庭があります。「色」は「エヴァム エヴァ」のアパレルショップ、「味」はレストラン、「形」はギャラリーです。

木々の中に立つ一軒家が洋服を取り扱う「色」です。八方に広がる壁に窓をしつらえ、生活の中にある自然の美しさや景色を切り取っています。近藤ニットが手掛ける洋服は、着心地がよく、カジュアルになりすぎない素材感とシルエットが洗練された大人の装いを演出してくれます。レディスがメインですが、ユニセックスなデザインも多く、メンズアイテムも取り扱っています。

「エヴァム エヴァ」のアパレルショップ「色」

「味」は、生活と商い、そして食とが行き交う通り土間のつくりとなり、昼は季節に合わせた創作料理と菓子をシンプルで美しい器とともに堪能することができます。併設する茶房では日本茶やコーヒー、葡萄ジュース、そしてお茶菓子をいただくことができます。茶房のカウンターからは静寂な竹林が一望でき、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

レストラン「味」

「形」は、もともと蔵があった場所で、蔵の面影を残しつつ新たに建て、ギャラリーとして展開しています。ギャラリー内の大きな扉をあけると屋内と外とが繋がり、さまざまな展示やイベントをとおして人と物とが交差し出会う場所になっています。今年4月には画家の平松麻さんの個展を開催しました。「大木ナーサリー」のクリスマスローズの展示会や、「榊麻美植物研究所」による盆栽ワークショップなど、植物と関わる催しも行っています。7月16日から8月1日まではガラス作家の津田清和さんの個展を開催する予定です。

ギャラリー「形」

山梨の地で日々の生活を彩るものやこと、そして「とき」を分かち合う場を

もともとは園芸会社で働いていたオーナーの近藤尚子さん。洋服のデザイナーである一方で、自然や園芸にも取り組みたいという思いがあったそうです。「日々のくらしを心地よく過ごす」を体現できる場をお客さまにも感じてもらいたく、古い屋敷跡地に手を加え、ものづくりへの姿勢を表現できる場として「エヴァム エヴァ ヤマナシ」を作りました。自然のもつ大きな循環の流れの中に身を置きながら、 私たちの日々の暮らし、そしてものづくりは環を成すように繋がっていくと近藤さんは考えています。

季節によってさまざまな表情を見せる「エヴァム エヴァ ヤマナシ」

庭やギャラリーでは定期的に個展やイベントを開催

「エヴァム エヴァ ヤマナシ」の庭には、屋敷跡にもともと植えてあった椿やメタセコイヤ、そしていろいろな種類の樹木や花に囲まれた空間が広がっています。エンジュの木、銀杏の木、柏の木などもとからあった大樹は切らずに残して、屋敷跡に元からあった自然を生かした庭です。庭でイベントを開催することもあり、過去にはテントを出して芝の上での食事会や朗読イベントを開催しました。木漏れ日が綺麗で、ついゆったり歩いてしまいます。季節による木々の色の移り変わりも楽しめます。

多種多様な植物が生い茂る

「エヴァム エヴァ ヤマナシ」の緑あふれる空間で「色・味・形」を楽しみ、自然の豊かさを感じてみてはいかがでしょうか。

■「エヴァム エヴァ ヤマナシ」概要
山梨県中央市関原885
色:055-267-8341
味:055-267-8342
形:055-267-8343

・「色」
営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜
・「味」
営業時間:[昼]11:30〜15:00 [茶房]11:00〜19:00
定休日:水曜
・「形」
営業時間:11:00〜19:00
企画展:水曜のみ定休
常設展示:金土日月祝日のみ営業
公式サイト:https://evameva-yamanashi.jp/

Management

華道家 中村俊月 Shungetsu Nakamura
Shungetsu Nakamura
Shungetsu Nakamura
華道家 中村俊月 Shungetsu Nakamura